ハインリッヒ ウェーバー(英語表記)Heinrich Weber

20世紀西洋人名事典の解説

ハインリッヒ ウェーバー
Heinrich Weber


1842.5.5 - 1913.5.17
ドイツの数学者。
シュトラスブルク(現ストラスブール)大学教授。
ハイデルベルク生まれ。
ハイデルベルクをはじめ多くの大学で教え、1895年以降シュトラスブルク大学教授となる。主な業績はアーベル定理の最も一般的な形の証明や、絶対アーベルは円分体であると言うクロネッカーの定理の証明、及び虚数乗法に関連する問題において解析と数論とを結び付けることが決定的に重要であることを示したこと等である。代数の標準的教科書となった「代数学教程」や「初等数学百科」「数理物理学における偏微分方程式」等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android