コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハスの実

2件 の用語解説(ハスの実の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ハスの実

 スイレン科多年草であるハスの種実で,食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

はすのみ【ハスの実】

《栄養と働き&調理のポイント
 ハスの実は、沼や池、水田で栽培されている多年草のハスの果実からとれる実です。
 ハスの地下茎レンコンで、野菜として食べているものです。
 ハスは夏に大型の淡紅色から白色の美しい花を咲かせます。果実は楕円形(だえんけい)で肥大し、ハチの巣のような形をしています。
 この形から「ハス」の呼び名がついたともいわれています。10~11月に果実を採集し、天日で乾燥させて利用します。
〈下痢、婦人病にも効果が期待できる〉
○漢方的な働き
 中国ではハスの実を「蓮実(れんじつ)」といい、強壮作用のある生薬として利用しています。
 薬効としては、このほかに滋養強壮、婦人病、下痢(げり)止め、口のかわきなどに効果があるといわれています。
 精力をつけるには、ハスの実をおかゆにして食べるのがよいとされています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

ハスの実の関連キーワードブレークポイントポイント活字ポイントガードポイント開発ポイント・カラーポイント制ボーナスポイントポイント方式チャンピオンシップポイントヒッティングポイント

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハスの実の関連情報