コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハスの実

食の医学館の解説

はすのみ【ハスの実】

《栄養と働き&調理のポイント》


 ハスの実は、沼や池、水田で栽培されている多年草のハスの果実からとれる実です。
 ハスの地下茎はレンコンで、野菜として食べているものです。
 ハスは夏に大型の淡紅色から白色の美しい花を咲かせます。果実は楕円形(だえんけい)で肥大し、ハチの巣のような形をしています。
 この形から「ハス」の呼び名がついたともいわれています。10~11月に果実を採集し、天日で乾燥させて利用します。
〈下痢、婦人病にも効果が期待できる〉
○漢方的な働き
 中国ではハスの実を「蓮実(れんじつ)」といい、強壮作用のある生薬として利用しています。
 薬効としては、このほかに滋養強壮、婦人病、下痢(げり)止め、口のかわきなどに効果があるといわれています。
 精力をつけるには、ハスの実をおかゆにして食べるのがよいとされています。

出典 小学館食の医学館について 情報

ハスの実の関連キーワード漢方的にみた病気と食べものの関係チーニン(済寧)特別市サンミン(三明)特別市ナンピン(南平)地区甲状腺機能亢進症パーパオファン検見川遺跡ハス(蓮)大賀 一郎中国菓子砂糖漬け子宮筋腫大賀一郎検見川臘八粥白雪糕大賀蓮蓮子月餅点心

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハスの実の関連情報