精力(読み)セイリキ

  • せいりょく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「りき」は「力」の呉音)
※大観本謡曲・恋重荷(1423頃)「精力(せいりき)を尽し候へどももとより重荷なれば持たれぬ事を恨み」 〔文明本節用集(室町中)〕
② 骨を折って尽力すること。他のために力を貸して努力すること。
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)上「曲事に逢筈をとやかくおれがせいりきで沙汰なしに事すんだ」
〘名〙 心身の活動力。心身を働かせるもととなる力。根気。元気。せいりき。
※太平記(14C後)一八「今ははや精力(セイリョク)尽て、深手余多負ければ」
※談義本・風流志道軒伝(1763)五「雨風の神精力(セイリョク)を尽し、霰の神・雹の神もともどもに力をそへ」 〔漢書‐匡衡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精力の関連情報