コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチェット Hatchett, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハチェット
Hatchett, Charles

[生]1765.1.2. ロンドン
[没]1847.3.10. ロンドン
イギリスの化学者。鉱物の分析にすぐれ,鉱石のコンサルタント業で活躍した。特に新元素ニオブの発見 (1801) で知られる。父の死を境に化学研究をやめ,父の跡を継いで宮廷の馬車製作者となった。ロイヤル・ソサエティ会員 (1797) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハチェットの関連キーワード元素発見史(年表)カラシン熱帯魚鉱物鉱石

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android