コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチェット ハチェットHatchett, Charles

1件 の用語解説(ハチェットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハチェット
Hatchett, Charles

[生]1765.1.2. ロンドン
[没]1847.3.10. ロンドン
イギリスの化学者。鉱物の分析にすぐれ,鉱石のコンサルタント業で活躍した。特に新元素ニオブの発見 (1801) で知られる。父の死を境に化学研究をやめ,父の跡を継いで宮廷の馬車製作者となった。ロイヤル・ソサエティ会員 (1797) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハチェットの関連キーワード中野碩翁過疎現象と市区町村合併自伝自伝文学ロマンス医学館蜘蛛の糸懺悔録十返舎一九事物紀原

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハチェットの関連情報