コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチジョウダカラ Cypraea mauritiana; chocolate cowry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハチジョウダカラ
Cypraea mauritiana; chocolate cowry

軟体動物門腹足綱タカラガイ科。高 8.5cm,殻左右径 6cm,殻背腹径 4.5cm。殻は重厚堅固,背面は丸く盛上がり,殻表は栗色で黄白色の丸い紋が散在する。腹面も栗色で平らであるが,その中央部に多少くぼんだ狭くて長い殻口がある。生時は左右から外套膜が殻をおおっている。和歌山県以南,熱帯太平洋,インド洋に広く分布し,潮間帯より水深 20mの波当りの強い岩礁地の岩のすきまにすむ。相模湾などにも浮遊幼生が流れ着いて成長することがあるが,冬を越せず,成貝にはならない。昔八丈島で多くとれたのでその名があるが,殻の腹面がウマの性器を思わせるのでウマノクボともいい,またこれを安産の守り神としたのでコヤスガイ (子安貝) ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハチジョウダカラの関連キーワードコヤスガイ(子安貝)宝貝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android