ハッシュ関数(読み)はっしゅかんすう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハッシュ関数

任意のデータから、固定長の乱数を生成する演算手法。「不可逆的な一方向の関数」とも呼ばれる。ハッシュ関数を利用すると、任意の値から「ダイジェスト」と呼ばれる別の値を生成できる。ハッシュ関数は、①同じデータからはつねに同じダイジェストが出力される、②データの内容が少しでも変化すると出力されるダイジェストも変わる、③ダイジェストからもともとのデータを導き出すことは不可能、といった特徴がある。ダイジェストは「メッセージダイジェスト」や「ハッシュ値」と呼ばれることもある。ハッシュ関数は、電子署名による身元証明やユーザー認証などに利用される。たとえば、あるデータを送る際、そのデータからハッシュ関数で得られたダイジェストを付けて送信する。受け取った側でもメッセージからハッシュ値を算出し、送られたそれと比較して同じ値であれば、データが改ざんされていないと証明できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハッシュ関数の関連情報