コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハットゥシリ[3世] Hattusili III

1件 の用語解説(ハットゥシリ[3世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハットゥシリ[3世]【Hattusili III】

?‐前1250ころ
ヒッタイト新王国の第10代の王。在位,前1275ころ‐前1250年ころ。兄ムワタリ王の没(前1282ころ)後は,その子ウルヒテスプが王位にあったが,すぐれた武将として声望もあり,広大な所領をもつ叔父ハットゥシリと,その野心を疑う若い甥ウルヒテスプとの間の争いとなり,ハットゥシリは実力をもって王位を奪って,ウルヒテスプはシリアの属国ヌハセの小王におとされた。やがて前1269年ころ,久しい以前からシリアの覇権を争っていたヒッタイト,エジプト両国の間に,両国王ハットゥシリ3世とラメセス2世による永久平和条約が結ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハットゥシリ[3世]の言及

【鉄】より

…前2千年紀にアナトリアに入ってきたヒッタイト人は,〈鉄〉を意味するハッティ語ハパルキhapalkiとともに土着の優れた製鉄技術を受け継いだ。新王国時代のハットゥシリ3世(在位,前1275ころ‐前1250ころ)は,アッシリア王と思われる外国の君主に,依頼された良質の鉄の提供を在庫品がないことを理由に断り,その代りに一振りの鉄剣を送付するという手紙を書いている。この手紙は,当時のヒッタイトに他国がうらやむ高度の製鉄技術,おそらく浸炭法による製鋼技術の開発と厳重な鉄の国家統制,技術の国外流出に対する強い警戒心の存在を証しているとされてきた。…

【ヒッタイト】より


[古王国時代]
 ヒッタイト古王国の歴史は,おもにテリピヌTelipinuの〈勅令〉の歴史記述に基づくものである。それによると古王国は,ラバルナ1世Labarna Iをもって始まるとされているが,次王のハットゥシリ1世Hattusili Iと同一人物であるとする説もある。この時期は,ほぼ前17世紀前半にあたり,領土は海岸地帯にまで拡張された。…

※「ハットゥシリ[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハットゥシリ[3世]の関連キーワードヒッタイトヒッタイト語心広く体胖なりタイトひょろひょろ心密かボアズキョイ菱川師寿ライトヒットハットゥシャ:ヒッタイトの首都

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone