声望(読み)せいぼう

精選版 日本国語大辞典「声望」の解説

せい‐ぼう ‥バウ【声望】

〘名〙 名声人望ほまれ声名
※日本外史(1827)一「義朝視平氏声望出己上也。心常嫉之」
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉抱月と漱石「抱月氏が帰朝当時は文壇の声望(セイバウ)を一身に集めて」 〔後漢書‐東平王伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「声望」の解説

【声望】せいぼう(ばう)

名声と人望。〔後漢書、光武十王、東平憲王蒼伝〕に在ること數載、する多し。而して自ら以(おも)へらく、至親にしてを輔(たす)け、聲日に重しと。(こころ)に自ら安んぜず、上してを歸さんとす。

字通「声」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android