コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハット・トゥオン ハット・トゥオンHat Tuong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハット・トゥオン
Hat Tuong

ベトナムの歌舞劇。 1920年頃,古典歌劇ハット・ボイから発達した。演出形態をはじめ,衣装,化粧,立回りなどの動作はハット・ボイによく似ている。歌手は作り声 (裏声) で歌い,脚本は漢字を利用してつくられたチューノム (字喃) に代ってローマ字による民族語の表記法クォク・グー (国語) を用いる。音楽は,親しみやすいメロディーでたちまち国中に広まった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハット・トゥオンの関連キーワード大恐慌牧野省三フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス現代音楽

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone