ハドリアヌスの門(読み)ハドリアヌスノモン

デジタル大辞泉「ハドリアヌスの門」の解説

ハドリアヌス‐の‐もん【ハドリアヌスの門】

Pili tou AdrianouΠύλη του Αδριανούギリシャの首都アテネの中心部にある古代ローマ時代のアマリアス大通り南端に位置する。2世紀にローマ皇帝ハドリアヌス市域を拡大した際に建造。ローマ風のアーチの上にコリント式円柱と破風が載る。付近には同時期に建てられたオリンピアゼウス神殿がある。
Hadrian Kapısı》トルコ南西部の都市アンタリヤの旧市街カレイチの入口にある門。2世紀、ローマ皇帝ハドリアヌスがこの地を統治したことを記念して建造。三連のアーチをもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android