ハドリアヌスの門(読み)ハドリアヌスノモン

デジタル大辞泉の解説

ハドリアヌス‐の‐もん【ハドリアヌスの門】

Pili tou AdrianouΠύλη του Αδριανού》ギリシャの首都アテネの中心部にある古代ローマ時代の門。アマリアス大通りの南端に位置する。2世紀にローマ皇帝ハドリアヌスが市域を拡大した際に建造。ローマ風のアーチの上にコリント式の円柱と破風が載る。付近には同時期に建てられたオリンピアゼウス神殿がある。
Hadrian Kapısı》トルコ南西部の都市アンタリヤの旧市街カレイチの入口にある門。2世紀、ローマ皇帝ハドリアヌスがこの地を統治したことを記念して建造。三連のアーチをもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android