コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナジロカマイルカ Lagenorhynchus albirostris; white-beaked dolphin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナジロカマイルカ
Lagenorhynchus albirostris; white-beaked dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科カマイルカ属。体長は約 3.2mで,雄は雌よりも大きい。出生体長は 1.2~1.6m。体色は変異に富む。 (くちばし) と腹部は白色ないし淡灰色,尾部全体は不明瞭な灰色で,それ以外はほとんど黒色または黒灰色である。嘴と眼から胸鰭 (むなびれ) にかけては,灰色または淡色の斑紋を呈する。体型はやや太い紡錘形。嘴は太く短いが,前頭部との境界ははっきりしている。尾柄部は急に細くなっており,上下のキール (稜状の隆起) は著しい。背鰭は体の中央に位置し,高く鎌状で,先端はとがる。上下顎骨に先端がとがった小さい円錐歯が左右 30~40対ある。通常 50頭以下の群れで行動するが,まれに 100頭もの大群をなすことがある。非常に活動的で海面より高く跳躍する。出産期は夏から初秋。群集性の小型魚類,スルメイカ類および甲殻類を捕食する。摂餌の際にしばしば大型のクジラ類を伴う。北大西洋の寒帯から亜北極域における大洋域に分布する。ノルウェーグリーンランドフェロー諸島などでわずかに捕獲されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android