コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナダイコン(花大根) ハナダイコン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナダイコン(花大根)
ハナダイコン

通常ハナダイコンの名で呼ばれる園芸植物は2種類ある。どちらも外国産のアブラナ科の草本である。 (1) Orychophragmus violaceus ショカツサイ (諸葛菜) ,オオアラセイトウなどの別名もある。中国大陸原産の一年草で,高さ 30~60cmとなり,茎,葉とも無毛平滑で葉に柄はなく,茎葉の基部は翼となって茎を抱き,耳状の突出物がある。春に,紫色の美しい十字花をつけ,花の径 3cmほどになる。芳香はないが花色が鮮かで,性質も強くこぼれ種子から毎年発芽するので,特に第2次世界大戦後,東京などの都会地を中心に広がった。 (2) Hesperis matronalis ハナスズシロともいう。西アジアからヨーロッパの原産の多年草。茎は高さ 30~90cm,下向きの毛を密生する。葉は互生し,楕円形ないし披針形,とがった波状の鋸歯があり,両面に毛を密生する。5~6月,茎頂に総状花序をつくり,多数の紫色または淡紫色の十字花をつける。香気が強い。白色,黄色,紅色,八重咲きなどの園芸品種もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハナダイコン(花大根)の関連キーワードHesperis matronalis

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android