ハナビラダカラガイ(読み)はなびらだからがい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナビラダカラガイ
はなびらだからがい / 花弁宝貝
gold ring cowryringed money cowry
[学]Monetaria annulus

軟体動物門腹足綱タカラガイ科の巻き貝。房総半島以南、太平洋、インド洋に分布し、潮間帯の岩礁域、とくにサンゴ礁に多い。殻高30ミリ、殻径22ミリ、背腹径15ミリに達するが、熱帯地方では一般に小形個体を産し、殻高10ミリ以下の個体もある。背面は膨らみ、殻表は灰白色で、その上に朱色の輪状紋がある。腹面は平らで殻口は狭い。貝細工の材料となる。また、かつてアフリカ、インド、中国などでキイロダカラガイM. monetaとともに貝貨として使われたこともある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハナビラダカラガイの言及

【キイロダカラガイ】より

…インド洋,中・西太平洋の熱帯・温帯海域に広く分布し,潮間帯から浅海の岩れき地にすむが,とくにサンゴ礁に多い。ハナビラダカラガイM.annulusは殻の背面に黄橙色の輪があり,同じ地域に分布する。【波部 忠重】。…

※「ハナビラダカラガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android