コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝貨 かいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貝貨
かいか

小規模な社会で用いられる最も一般的な貨幣で,殻を材料としてつくられている。用いられる貝殻の種類は一定していないが,タカラガイが多く用いられる。自然のままの場合もあるが,多くの場合なんらかの加工がなされている。貝貨で有名な地域はメラネシアである。インド洋のモルジブ諸島や東アフリカのマフィア島がその起源とされており,アフリカを中心に現在でも広く用いられている。中国でも古代に使用されたところがあったが,すぐ金属製の貨幣に変った。また,デンタリウム・エドゥリスという貝 (ツノガイの一種) は,アラスカの一部で用いられ,古くはアメリカインディアンも使用した。メラネシアでは,ディワルラとかタンブの名で知られるナッサ貝貨がある。これは製作に特別の技術を必要としている。これらとは別の形式の貝貨として,加工された何千もの貝の円板を紐に通して,一つにまとめたものがある。カリフォルニアインディアンやソロモン諸島,バンスク諸島,ガゼール半島,ブーゲンビル島,トラック島などでみられる。またメラネシアなどでは,貝殻でつくられた腕輪が貨幣として利用されている。こうした貝貨は単に貨幣であるばかりでなく,地位や権力の象徴として,装飾品として,さらに儀礼的交換の対象としても使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばい‐か〔‐クワ〕【貝貨】

貝殻製の貨幣。古代中国では、刀銭布銭の流通前にコヤスガイが貨幣として用いられたと推定されている。また、西アフリカやオセアニアなどでは社会的関係や地位を象徴する宝物・贈答品として用いられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

貝貨【ばいか】

貝殻で作られた貨幣。アジア,アフリカ,アメリカなどで用いられ,タカラガイが多く使用された。メラネシアのクラにおける儀礼的な使用は有名。中国では,殷周時代に流通,その形を模した石・骨・貝・銅製の【ほう】貝(ほうばい)も作られた。
→関連項目ヤップ[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばいか【貝貨】

貝殻製の貨幣。貝貨はオセアニア地域,とくにメラネシアではかりしれないほどの重要性をもち,商品交換の手段としての意味をはるかに超えた社会的交換手段として機能している。このような貴重品としての貝貨は,(1)ある社会関係,例えば結婚,秘密結社への入信,部族間の政治同盟を生みだすために,(2)社会関係のなかの不和を解消するために,例えば祖先への寄進として,あるいは殺人や侮辱に対する償いとして,(3)上位の社会的地位を創出したり象徴化したりするために,例えばポトラッチの贈与物として,あるいは重要人物,首長,王が蓄積し再分配する奢侈(しやし)品として,みせびらかしたり,贈ったり,再分配したりする物品にほかならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばいか【貝貨】

タカラガイなどの貝殻製の貴重品。古代中国やアジア・アフリカ・北アメリカ・オセアニアなどの諸民族の間で、結婚やイニシエーションにおける贈与交換の際に用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝貨
ばいか

貝製の交換用貴重品。オセアニア地域、とくにメラネシアとニューギニアにおいて、商品取引交換の手段としての意味をはるかに超え、社会的交換手段として生き生きと交換されている。貴重品としての貝貨は、ある社会関係(結婚、秘密結社への入社、集団間の政治同盟)を生み出すために、また、社会諸関係のなかの不和を解消(祖先への寄進、殺人や侮辱に対する償いによって)するために、そして、上位の社会的地位を創出(ポトラッチ的な消費によって、またビッグマンや首長が蓄積し再分配することによって)したり、象徴化したりするために、見せびらかしたり、贈与したり、再分配したりする貴重品ということができる。代表的なものをあげれば、ロッセル島の赤貝の首飾り、トロブリアンド島などのクラ交換に使用される首飾りと腕輪、ソロモン諸島の首飾り、ヤップ島の真珠貝貨などである。ニューギニア北方の島々(トロブリアンド島、ドブ島など)の間にみられるクラ交易環の中心的贈答品は、非実用的で象徴的価値をもつ赤貝製の首飾りと白貝製の腕輪である。これらの貴重品は生活必需品でもなく、装飾品としても実用には供されない。ヨーロッパにおいて例えれば、王位継承を象徴する王冠の宝石のようなものと説明されている。北米先住民のイロコイ人、アルゴンキン人の社会でも貝製数珠(じゅず)玉を多数紐(ひも)に通した貝貨が知られており、西アフリカでも「カウリ」とよばれる貝貨が流通している。
 なお、中国では布銭、刀銭などの流通以前にコヤスガイ(子安貝)が貨幣として流通したと考えられ、買、財など経済に関係する字がしばしば「貝」の字を伴っている。[牛島 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の貝貨の言及

【貝】より

…クレオパトラの真珠は有名であるが,世界最大の真珠は長さ50.8mmのヨウナシ型の〈ホープの真珠〉で,日本最大のものは御木本幸吉がアワビから得た長径24mm,短径19mmの真珠である。
[貝貨]
 タカラガイ類は特殊な形をしているが,このうち中国では古代にキイロダカラガイの殻が貨幣に使用され,殷墟(いんきよ)から出土している。しかし,インド,アフリカではもっと後世に及び,太平洋諸島,とくにニューギニアでは最近まで使用されていた。…

※「貝貨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貝貨の関連キーワード梅・倍・唄・培・売・媒・梅・煤・貝・買・賠・賣・陪・黴交易(物のやりとり)タカラガイ(宝貝)ハナビラダカラガイニューギニア高地民メラネシア[人]イニシエーションソロモン諸島民マライタ[島]トーライ族ハウサ族新鄭古墓フパ族蟻鼻銭石貨葬制

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android