コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナヤスリ科 ハナヤスリかOphioglossaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナヤスリ科
ハナヤスリか
Ophioglossaceae

シダ植物ハナヤスリ目の1科。世界に広く分布し,4属約 90種を含む。多くは地上生。根茎は直立し,ときに塊茎状。中心柱は管状または網状中心柱。葉は単生または数個叢生し,芽中直立または屈曲し,内巻きすることがない。栄養葉は単葉または1~4回羽状複葉で,葉脈網状脈あるいは2叉分岐して縁に達する。胞子葉穂状または羽状に分れ,円錐形となる。胞子嚢は小枝の両側に並び,軸に対して横に裂開する。根は菌根性で根毛がない。配偶体塊状で菌根性。なお,ハナワラビ科をハナヤスリ科から独立させることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハナヤスリ科の関連キーワードハナワラビ(花蕨)ハナヤスリ(花鑢)広葉花鑢夏の花蕨コブラン冬の花蕨昆布蘭浜花鑢小花鑢花蕨花鑢

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android