網状脈(読み)もうじょうみゃく

精選版 日本国語大辞典「網状脈」の解説

もうじょう‐みゃく マウジャウ‥【網状脈】

〘名〙 葉脈系の一つ。支脈が細分し、互いに網目状に連絡したもの。双子葉植物に見られ、単子植物ではサトイモ、シダ類ではヤブソテツミツデウラボシなどに見られる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「網状脈」の解説

網状脈
もうじょうみゃく

比較的大きな葉脈が、網状に発達したものをさす。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の網状脈の言及

【葉】より

…葉脈が葉身につくる模様を脈理venationという。脈理は植物群によって一定で,シダ植物では遊離脈といろいろの段階に発達した網状脈があり,いずれの場合も脈の末端は開放二叉分岐を基本としている。双子葉植物ではほとんどのもので複雑な網状脈をもっており,単子葉植物でも細脈は網目をつくるが,主脈は平行に走るので平行脈といわれる。…

※「網状脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android