コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナワギク(花環菊) ハナワギクChrysanthemum carinatum; tricolor chrysanthemum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナワギク(花環菊)
ハナワギク
Chrysanthemum carinatum; tricolor chrysanthemum

キク科の一年草で,モロッコ原産。サンシキカミツレの別名がある。草丈は 90cm前後になる。葉は裂片が線状になる羽状葉で互生。頭状花は茎頂につき,蛇の目模様が入る。白地に黄色や濃紫色の斑 (ふ) が入るものや,地色が赤色や淡紅色のもの,八重咲きなど,さまざまな品種がある。`メリー・ミックス'`ポール・スター'などの園芸品種が知られる。おもに花壇で栽培され,切り花にされることもある。日当りがよく,腐植質を多く含む土壌が適する。 10月頃種子をまく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android