コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマアザミ(浜薊) ハマアザミCirsium maritimum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマアザミ(浜薊)
ハマアザミ
Cirsium maritimum

キク科の多年草で,暖地の海岸の砂地に生え,伊豆七島,静岡県以西,四国,九州に分布する。ハマゴボウともいう。茎は下部から分枝して高さ 50cmぐらいになる。葉は肉質で強い光沢と,羽状の深い欠刻があり,縁には多数のとげがある。頭花は普通,紅紫色の管状花だけから成り,7~9月に枝の先に直立して単生する。総包は径 2cm内外で,粘着性はない。根はゴボウのような形で香味があり漬物などとして食用にされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハマアザミ(浜薊)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android