コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマクサギ(浜臭木) ハマクサギPremna japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマクサギ(浜臭木)
ハマクサギ
Premna japonica

クマツヅラ科の落葉小高木。アジア東部の暖地に生じ,西日本の海岸付近に自生する。高さ2~10m。葉は柄があって対生し,長さ6~10cmの卵形膜質悪臭がある。夏,枝先に円錐状の集散花序をつけ,淡黄色の花を多数開く。萼は鐘形で5歯があり,花冠は長さ 1cmほどの筒状で先が4裂し,唇形となる。果実は小さな球形で紫黒色に熟する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハマクサギ(浜臭木)の関連キーワードクマツヅラ科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android