ハマチ(読み)はまち

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハマチ」の解説

ハマチ
はまち

硬骨魚綱スズキ目アジ科の1種ブリの若魚期の呼び名。いわゆる出世魚の本種には成長過程において、さまざまな地方的呼称がある。この呼び名は元来、関西地方や中国地方日本海沿岸で用いられていたが、近年、瀬戸内海を中心に発展した養殖によって生産されたものを、大きさに関係なくハマチとよぶようになった。養殖物は天然物に比較して脂肪が強いのが特徴とされる。沿岸環境の悪化に伴って発生が多くなった赤潮の問題は本種の養殖にとっても深刻である。

[沖山宗雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハマチの言及

【ツムブリ】より

…スズキ目アジ科の海産魚でブリ類と同じブリモドキ亜科に属する。ツムブリは江ノ島付近の名称で,オキブリ(和歌山,三重),ハマチ(高知)などと呼ばれるようにブリに似ているが,ブリより細長く,尾びれが大きく後縁の切れ込みが深い。中国では紡錘鰤の名で呼ばれる。…

【ブリ(鰤)】より

…この時期のものをモジャコという。 ブリは成長とともに名まえが変わる出世魚の一つで,各地にさまざまな呼名があるが,大きくわけて,ワカシ(ワカナ)→イナダ→ワラサ→ブリとフクラギ(ツバス,ツバイソ)→ヤズ→ハマチ→メジロ→ブリの系列が見られる。4年で全長70cmくらいに成長し,これ以上がブリと呼ばれる。…

※「ハマチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android