コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出世魚 シュッセウオ

5件 の用語解説(出世魚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅっせ‐うお〔‐うを〕【出世魚】

成長するにつれて名が変わる魚。ボラではハク、スバシリオボコ、イナ、ボラ、トドと呼び名が変わる。スズキではセイゴフッコスズキブリの場合、関東地方ではワカシイナダワラサ、ブリ、関西地方ではツバスハマチメジロ、ブリ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

しゅっせうお【出世魚】

成長とともに呼び名の変わる魚。「わかし→いなだ・はまち→わらさ→ぶり」と変わるぶりのほか、すずき・ぼらなど。祝儀の料理に好んで使われる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっせうお【出世魚】

成長につれて呼名の変わる魚をいう。呼名が変わるのは,成長により風味が変わるためでもある。そのような魚は,昔の人が元服のときとか出世するに伴って名まえを変えたのに似ているので縁起がよいとされ,祝事に用いられる。例えば,ボラはハク(全長2~3cm)→オボコまたはスバシリ(5~10cm)→イナ(20cm)→ボラ(30~40cm)→トド(50cm以上),ブリモジャコまたはワカシ(2~15cm)→イナダ(30~45cm)→ワラサ(45~70cm)→ブリ(70cm以上),またスズキはデキ(幼魚)→セイゴ(25cm前後)→フッコ(40cm前後)→スズキ(60cm以上)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅっせうお【出世魚】

成長にしたがって名称の変わる魚。「スバシリ・イナ・ボラ・トド」と呼び名が変わる鯔ぼらのほか、鱸すずき・鰤ぶりなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出世魚
しゅっせうお

成長とともに呼び名が変わり、成魚になって本来の名または特別な名でよばれる魚。身近にみられ、稚魚から成魚までの間に、生活史や生態などが著しく変わり、それに伴って漁法や商品価値が異なる。
 成長段階別の呼び名は、地域や階層によってかなり違っていたが、商品としての価値があり、全国に広く分布するものはしだいに統一されるようになった。とくに江戸時代には元服や出世に伴って名前を変えたのに似ているため、縁起を担いで出世魚が喜ばれた。
 出世魚の代表格はブリ、ボラ、スズキであるが、魚体の大きさは厳密なものではなく、呼び名も地方によって多少異なる。一般にブリは3~7センチメートル(以下センチと省略)の稚魚をモジャコ、10センチ前後をツバス、ツバエソ、15センチ前後をワカシ、ワカナゴ、20センチ前後をワカナ、20~30センチをフクラギ、40センチ前後をイナダ、30~60センチをワラサ、ハマチ、メジロ、小ブリ、ニネンゴ、60センチ以上の成魚をブリ、サンカというが、75センチ以上の特大のものをオオブリ、オオイナ、オオイオ、サンネンゴともいう。これらのうち、東京では成長順にワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ、富山県ではツバエソ、フクラギ、ブリ(45センチほどのものをニマイズル、60センチほどのものをサンカという場合もある)、兵庫県ではツバス、メジロ、ニネンゴ、サンネンゴ、高知県ではモジャコ、ハマチ、ブリ、オオイナなどと使われている。
 ボラは3センチ前後の体が銀白色のものをハク、10センチ前後の稚魚から若魚に変わるものをオボコ、スバシリ、それから25センチぐらいの未成魚をイナまたはイナッコ、30~50センチの成魚をボラ、50センチ以上の特大をトドという。この呼び名から「いなせ(鯔背)」とか「とどのつまり」などのことばが一般化して日常用語となった。
 スズキでは幼魚をコッパ、15センチ以下をハクラ、それから30センチぐらいまでの1歳魚をセイゴ、30~60センチ(2~3歳魚)をフッコ(ハネ、マタカ)、60センチ以上(4歳魚以上)をスズキとよぶ。コノシロは4センチ前後のものをシンコ、ゼニコ、ジャコ、10センチ前後のものをコハダ、ツナシ、15センチ以上のものをコノシロという。クロダイは10センチ余りをチンチン、20センチ以下をカイズ、それ以上をクロダイという。マアジは5センチ以下をアジコ、15センチ以下をマメアジ、ゼンゴアジ、20センチ以下を小アジ、30センチ以下を中アジ、それ以上を大アジとよぶ。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の出世魚の言及

【ブリ(鰤)】より

…この時期のものをモジャコという。 ブリは成長とともに名まえが変わる出世魚の一つで,各地にさまざまな呼名があるが,大きくわけて,ワカシ(ワカナ)→イナダ→ワラサ→ブリとフクラギ(ツバス,ツバイソ)→ヤズ→ハマチ→メジロ→ブリの系列が見られる。4年で全長70cmくらいに成長し,これ以上がブリと呼ばれる。…

※「出世魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

出世魚の関連キーワード歌は世につれ世は歌につれ移れば変わる呼名に連れて変遷世に連れる色変り打変る呼名焼香変わり玉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出世魚の関連情報