コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマネナシカズラ(浜根無蔓) ハマネナシカズラ Cuscuta chinensis; love vine

1件 の用語解説(ハマネナシカズラ(浜根無蔓)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマネナシカズラ(浜根無蔓)
ハマネナシカズラ
Cuscuta chinensis; love vine

ヒルガオ科の一年生の寄生つる草で,旧大陸の温帯および亜熱帯の海岸に広く分布する。日本では本州中部より西の暖地海岸に自生する。緑葉のないいわゆる無葉緑素植物で,茎は糸状に長く伸び,左巻きで互いにからみ合い,宿主植物に接した部分に小さな吸盤ができて養分を吸収する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハマネナシカズラ(浜根無蔓)の関連キーワードユウガオ(夕顔)ヨウサイ根無葛浜昼顔豆倒丸葉朝顔ヤラッパ夜顔軍配昼顔ハマヒルガオ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone