ハマヒルガオ(浜昼顔)(読み)ハマヒルガオ(英語表記)Calystegia soldanella; sea bells

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマヒルガオ(浜昼顔)
ハマヒルガオ
Calystegia soldanella; sea bells

ヒルガオ科の多年草で,旧大陸の海岸の砂地にきわめて広い分布をもつ。茎はつる性で砂上を長くはい,しばしば群落をつくる。葉は有柄で互生し,3~5cmのやや幅広の腎臓状円形で厚く,光沢がある。花は5月頃開き,葉より長い花柄の頂に径約 5cmの淡紅色の花をつける。萼は5片で,下部は広い2枚の包葉で囲まれる。花冠は径 5cmほどのやや角張った漏斗状となり花筒は太い。 蒴果は丸い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android