コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラスのいた日々

デジタル大辞泉プラスの解説

ハラスのいた日々

1989年公開の日本映画。監督:栗山富夫、原作:中野孝次、脚本:山田洋次、朝間義隆。出演:加藤剛、十朱幸代、益岡徹、日下由美、有森也美、相楽晴子ほか。第44回毎日映画コンクール女優助演賞(相楽晴子)受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

はらすのいたひび〔‐のゐたひび〕【ハラスのいた日々】

独文学者・小説家評論家中野孝次によるエッセイ。愛犬の柴犬、ハラスと過ごした13年間の日々を綴る。昭和62年(1987)刊行。翌年、第7回新田次郎文学賞受賞。平成元年(1989)には栗山富夫監督により映画化された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ハラスのいた日々の関連キーワード中谷 一郎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android