コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野孝次 ナカノコウジ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野孝次 なかの-こうじ

1925-2004 昭和後期-平成時代のドイツ文学者,小説家。
大正14年1月1日生まれ。昭和39年から56年まで国学院大教授。51年「ブリューゲルへの旅」で日本エッセイスト・クラブ賞,54年小説「麦熟るる日に」で平林たい子文学賞,63年エッセイ「ハラスのいた日々」で新田次郎文学賞。平成4年簡素な生活を説いた「清貧の思想」が世の共感をよびベストセラーとなる。12年小説「暗殺者」で芸術選奨,16年「風の良寛」「ローマの哲人セネカの言葉」などで芸術院恩賜賞。現代ドイツ文学の翻訳や現代文学評論もある。平成16年7月16日死去。79歳。千葉県出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかのこうじ【中野孝次】

1925~2004) 評論家・小説家。千葉県生まれ。東大卒。カフカの「城」を翻訳、自伝的小説「麦熟るる日に」で平林たい子賞を受賞する。「清貧の思想」で話題を呼ぶ。作品「ブリューゲルへの旅」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中野孝次の関連キーワードフリッシュ(Max Frisch)グラス(Günter Grass)金槐和歌集スイス文学ゆうちょ杯原爆文学ノサックイェンスカフカ中野杯中野

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中野孝次の関連情報