ハラパ・エンリケス(読み)はらぱえんりけす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハラパ・エンリケス
はらぱえんりけす
Xalapa Enrquez

メキシコ東部、ベラクルス州の州都。通称ハラパ。ベラクルスの北西129キロメートル、標高1370メートルに位置する。人口37万3076(2000)。木材、豆類、家畜の集散地で、「花の町」とよばれる保養地として知られる。州立劇場、州立大学のほかオルメカ文化やトトナカ文化の遺物の展示で有名な州立人類学博物館がある。南郊のコアテペックはコーヒーの産地として有名である。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハラパ・エンリケスの言及

【ハラパ】より

…人口27万9451(1990)。正式名称ハラパ・エンリケスJalapa Enríquez。東シエラ・マドレ山脈中の標高1487mに位置する。…

※「ハラパ・エンリケス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android