コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラ・バルガスン Khara Balghasun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラ・バルガスン
Khara Balghasun

モンゴル北部,オルホン川流域にある廃城で,古代ウイグル帝国の首都のあったところ。初代カガン,クトルク・ボイラ (骨力裴羅) がこの地に牙帳をおいたのに続いて,第2代カツロク・カガン (葛勒可汗) ,第3代ボグ・カガン (牟羽可汗) のときに宮殿,城郭が築かれたという。ハラ・バルガスンとはモンゴル語で「黒城」の意味であるが,これは後世つけられた名である。何度か発掘が行われ,マニ教の寺院址が認められたほか,灌漑用水路も発見された。また 1890年この地からウイグル帝国第8代のホギ・カガン (保義可汗) の紀功碑が出た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハラ・バルガスンの関連キーワードウイグル碑文

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android