コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保義可汗 ほぎかがんBao-yi Ke-han; Pao-i K`o-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保義可汗
ほぎかがん
Bao-yi Ke-han; Pao-i K`o-han

[生]?
[没]821
ウイグル国第8代のカガン (在位 808~821) 。第7代懐信可汗 (かいしんかがん) の宰相であったが,その死後これを継いでカガンとなった。保義とはそのときに唐より与えられた称号。マニ教の熱心な信者として知られる。モンゴル北部,オルホン川上流のハラ・バルガスンにこのカガンの紀功碑が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

保義可汗の関連キーワードウイグル碑文

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android