コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牟羽可汗 ぼううかがんMou-yu Ke-han; Mou-yü K`o-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牟羽可汗
ぼううかがん
Mou-yu Ke-han; Mou-yü K`o-han

[生]?
[没]779
ウイグル国第3代のカガン (在位 759~779) 。別名テングリ・カガン。葛勒可汗 (かつろくかがん) の子の移地健。 759年父の跡を継いで即位し,牟羽可汗と号した。牟羽はボグ bögüで「賢い可汗」の意。安史の乱末期の 762年史朝義を平州に討ち,唐から英義建功可汗に封じられた。またウイグルに初めてマニ教を導入し,これを国教とした。 779年ソグド人のすすめによって唐を攻めようとしたが,宰相トン・バガ・タルカン (頓莫賀達干) に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

牟羽可汗の関連キーワードハラ・バルガスン天親可汗

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android