ハンス レンク(英語表記)Hans Albert Paul Lenk

現代外国人名録2012の解説

ハンス レンク
Hans Albert Paul Lenk


国籍
ドイツ

専門
哲学者;元・ボート選手

トピック
ローマ五輪ボート男子エイト金メダリスト

肩書
カールスルーエ大学名誉教授 国際スポーツ哲学会会長

生年月日
1935/3/23

出生地
ドイツ ベルリン

学歴
フライブルク大学卒;キール大学卒

学位
哲学博士(キール大学)〔1961年〕

経歴
1966年哲学教授資格、’69年社会学教授資格を取得。のちカールスルーエ大学の哲学正教授に就任。この間、’73年イリノイ大学客員教授、’76年マサチューセッツ大学客員教授、’79〜81年サンパウロ大学、ベロ・オリゾンテ大学各客員教授、’85年ザルツブルク大学、グラーツ大学客員教授、’87年フォートワース大学客員教授を務める。またカールスルーエ大学人文・社会学部長、国際スポーツ哲学会会長、ヨーロッパ法哲学アカデミー副会長、ドイツ哲学会会長、ドイツ・オリンピック委員会委員、国際オリンピック・アカデミー名誉会員などを歴任。一方、ボート選手として、’60年ローマ五輪のエイトで金メダルを獲得。’66年コーチとして、世界選手権でドイツをエイト優勝に導く。専門の哲学の分野を中心に多数の編著書を発表。スポーツ関係の編著書に「Werte-Ziele-Wirklichkeitder modernen Olympischen Spiele」(’64年)、「フェアネスの裏と表」(共著,’89年)など多数。

所属団体
国際スポーツ哲学会;ドイツ哲学会 ヨーロッパ法哲学アカデミー

受賞
カール・ディーム科学賞〔1962年〕;ジーフェルト賞〔1973年〕;ノエル・ベーカー賞〔1978年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android