ハード酸(読み)ハードサン

  • hard acid

化学辞典 第2版の解説

硬い酸,硬酸ともいう.ルイス酸・塩基の相関関係を一般化するために,R.G. Pearsonによって導入された概念の一つ.小さくて,電荷密度が高く,分極しにくい酸をいう.これらは,小さくて,分極しにくい塩基(配位子)と結合をつくりやすい.ハード酸にはアルカリ金属イオン,アルカリ土類金属イオン,また軽くて高い電荷をもつ,Al3+,Ti4+,Fe3+,Co3+ などが該当する.[別用語参照]HSAB原理

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android