ハールの測度(読み)ハールのそくど(英語表記)Haar measure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハールの測度
ハールのそくど
Haar measure

ユークリッド空間で,面積や体積は一種の測度であるが,それは平行移動で不変である。それでもっと一般に,位相群で不変な測度が考えられると都合がよい。コンパクト群を G とするとき,G 上のすべてのボレル集合 B に対して定義された測度 m*B が,(1) m*Bm*Ba ,ただし Ba={xaxB} ,(2) B が全有界ならば m*B は有限,また B が開集合ならば m*B は正という2つの条件を満たすならば,この測度を右不変ハールの測度という。左不変ハールの測度も同様に定義される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android