コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカイカリソウ(梅花碇草) バイカイカリソウEpimedium diphyllum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイカイカリソウ(梅花碇草)
バイカイカリソウ
Epimedium diphyllum

メギ科の多年草で,本州西部,四国,九州に分布する。高さ 20cm前後,根茎は硬く多数のひげ根をもつ。葉は2回2出複葉で冬も枯れない。花期は春で花径 10cmあまりの白色花が,やや下垂して咲く。この花をウメに見立ててついた和名である。萼は内外2列をなし,8片あって外側のものは早く落ちる。花弁は4枚,倒卵形基部イカリソウのような距はない。おしべ4本,めしべ1本。茎葉強壮剤とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バイカイカリソウ(梅花碇草)の関連キーワードメギ科飯野山

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android