コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカイカリソウ(梅花碇草) バイカイカリソウEpimedium diphyllum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイカイカリソウ(梅花碇草)
バイカイカリソウ
Epimedium diphyllum

メギ科の多年草で,本州西部,四国,九州に分布する。高さ 20cm前後,根茎は硬く多数のひげ根をもつ。葉は2回2出複葉で冬も枯れない。花期は春で花径 10cmあまりの白色花が,やや下垂して咲く。この花をウメに見立ててついた和名である。萼は内外2列をなし,8片あって外側のものは早く落ちる。花弁は4枚,倒卵形基部イカリソウのような距はない。おしべ4本,めしべ1本。茎葉強壮剤とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バイカイカリソウ(梅花碇草)の関連キーワードメギ科飯野山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android