コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリソウ

3件 の用語解説(イカリソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イカリソウ

丘陵などの林地にはえるメギ科の多年草北海道,本州に分布。花茎は春,横に短くはった根茎から出て,高さ20〜40cm。葉は茎の中ほどに1〜2個つき,2〜3回3出複葉で,卵形の小葉に分かれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イカリソウ【(purple) barrenwort】

山地の木陰に生育するメギ科の多年草。花弁の基部に長い距があり,花の形が錨(いかり)に似ることから錨草の名がついた。地下茎は硬く,多数の根がある。草丈は30~50cm。花茎には1枚の葉をつける。根出葉と茎葉はともに,通常2回3出複葉をなす。小葉は縁に刺毛が多数つく。4~5月ころ,直径約2cmの紅紫色または白い花をつける。花は2数性で,萼は6枚の小さい外萼片と4枚の内萼片よりなり,花弁は4枚あり約15mmの距をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカリソウ
いかりそう / 錨草
[学]Epimedium grandiflorum Morr. ssp. grandiflorum

メギ科の多年草。根茎は太く短く横にはい、じょうぶな細い根を出す。根出葉は長い柄があり、2~3回3出複葉になり、小葉は卵形で先はとがり、基部は心臓形または矢じり形、縁(へり)に刺毛状の鋸歯(きょし)が多い。葉の毛は両面とも多いものから、ほとんどないものまで、さまざまである。4~5月に開花。30~50センチメートルほどの花茎に根出葉とよく似た葉を1枚つけ、上には総状花序に4~7花をつける。花は下向きに開き、径3センチメートル、白ないし紅紫色。萼片(がくへん)は8枚で外側の4枚は早く落ちる。花弁は4枚で長い距(きょ)がありこれが錨(いかり)に似ているので錨草という。山地の林下に生え、本州の太平洋側、四国、九州に分布し、薬用、観賞用に栽培する。類似の種に花が小さく、バイカイカリソウとの中間形態を示すヒメイカリソウが四国、九州に分布する。[鈴木和雄]

薬用

イカリソウの茎葉を漢方では淫羊(いんようかく)または仙霊脾(せんれいひ)と称して、強壮、強精、止痛薬として陰萎(いんい)、関節痛、腰痛、四肢麻痺(まひ)、健忘などの治療に用いる。中国四川(しせん)省北部の山中でヒツジがこの草を食べて1日に100回交合したことから淫羊の名が生まれたといわれているが、陰萎の治療薬としては良質ではない。なお、中国の薬酒である仙霊脾酒は腰痛、四肢麻痺の治療を目的にしたものである。中国ではホザキノイカリソウE. sagittatum Bak.なども同様に用いる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イカリソウの関連キーワード秋桐錦衣沢瑠璃草麝香草秋分草白糸草谷桔梗天人草扇蔓車葉草

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イカリソウの関連情報