コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイコフ Nikolai Apollonovich Baikov

大辞林 第三版の解説

バイコフ【Nikolai Apollonovich Baikov】

1872~1958) ロシアの作家。中国東北部に亡命。その原始林にすむ誇り高い虎とらの生涯を描いた「偉大なる王ワン」を著す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイコフ
ばいこふ
Николай Аполлонович Байков Nikolay Apollonovich Baykov
(1872―1958)

ロシアの小説家、画家。キエフに生まれる。士官学校に学び、1917年の十月革命には白軍として赤軍と戦う。のち以前から自然調査に携わっていた満州(中国東北部)に亡命、満州の原始林を題材にユニークな動物小説を書き始めた。代表作『偉大なる王(ワン)』(1936)は日本でも早くから訳され、高く評価されている。ほかに『満州の密林』(1930)などがある。[内田莉莎子]
『上脇進訳『私たちの友だち』(岩波少年文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バイコフの関連キーワード11月29日上脇 進ロシア生涯

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android