バイダーベック(英語表記)Bix Beiderbecke

世界大百科事典 第2版の解説

バイダーベック【Bix Beiderbecke】

1903‐31
ジャズ初期に活躍したアメリカの白人コルネット奏者。アイオワ州ダベンポート生まれ。本名Leon Bismark Beiderbecke,通称のビックス・バイダーベックで知られる。幼時からピアノとコルネットを独学でマスターしたといわれるが,15歳ころこの町に来た伝説の名手エメット・ハーティに手ほどきをうけたとも伝えられる。初期の白人バンド,ウォルベリンズを経て,ジーン・ゴールドケット楽団,ポール・ホワイトマン楽団のスター・ソリストとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android