バイポーラトランジスタ(読み)ばいぽーらとらんじすた(英語表記)bipolar transistor

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子(負電荷)および正孔(正電荷)の2種類のキャリア(電荷担体)が同時に作用するトランジスタをいう。電界効果トランジスタが1種類のキャリアを使っているので、ユニポーラトランジスタとよばれるのに対応する。このトランジスタは二つのpn接合による三つの半導体領域からなり、pnp形とnpn形とがある。三つの領域の中間がベース、両側の領域の一方がエミッタ、他方がコレクタとなる。エミッタpn接合を順方向となるように、コレクタpn接合を逆方向になるように電圧を加えると、エミッタからベースに少数キャリアが注入され、それがベース領域を通過してコレクタに達して増幅作用が得られる。このトランジスタは単体として小信号から高出力、低周波から高周波へとあらゆる分野で使われるほか、バイポーラIC(双極性集積回路)の主要素として広く利用されている。

[右高正俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android