コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイヤー=ビリガー反応 バイヤービリガーはんのうBaeyer‐Villiger reaction

世界大百科事典 第2版の解説

バイヤービリガーはんのう【バイヤー=ビリガー反応 Baeyer‐Villiger reaction】

ケトンと過酸との反応によりエステルが生成する反応。1899年J.F.W.A.vonバイヤーとV.ビリガーにより発見された。たとえば式(1)に示すように,シクロヘキシルメチルケトンをm‐クロロ過安息香酸と反応させると,酢酸シクロヘキシルとm‐クロロ安息香酸が生成する。一般に,ケトンR1COR2は過酸RCO3Hと反応して,式(2)に示すような反応経路を通ってエステルR1COOR2となる。このとき,中間体においてR1またはR2が酸素に転位するが(式(2)ではR2が転位する機構が示してある),転位のしやすさは,第三級アルキル基(R2)>第二級アルキル基(R1)>第一級アルキル基(R)の順に減少する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android