コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バエチカ Baetica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バエチカ
Baetica

スペイン南部地方の古代ローマ名。前 197年以来ローマの属州となった「かなたのヒスパニア」 Hispania Ulteriorの一部で,前 27年元老院領となりバエチカと呼ばれた。ほぼ現在のアンダルシアである。1世紀にはラテン化し,ぶどう酒,小麦,羊,銅などをローマに輸出。中世にはバンダル族の侵入を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バエチカの関連キーワードガイゼリック

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android