バンダル族(読み)バンダルぞく(英語表記)Vandals

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バンダル族」の解説

バンダル族
バンダルぞく
Vandals

ゲルマン民族一派。紀元前後スカンジナビア南部からバルト海沿岸に移住。ローマ人は彼らとゴート,ブルグンドを含めてバンダルと呼んだ。3世紀初めシリンギ,アスディンギの2派に分れ,徐々に南下,3~4世紀ローマとときおり衝突。 406年フン民族に押されてライン川を越え西進,アラニ族,スエビ族とともにガリアを攻略し,409年ピレネー山脈を越えてヒスパニア (現スペイン) に侵入,シリンギは半島南部 (現アンダルシア) ,アスディンギとスエビは北西部,アラニは現在のポルトガル地方に定着。しかし西ゴート人がローマの命令で侵入,シリンギを壊滅させアラニを圧した。アラニはアスディンギと合してさらに南下した。 429年ガイゼリックに率いられてアフリカに渡り,カルタゴを中心に建国,ローマに対抗し,455年にはローマ市を荒した。彼によって王朝が確立され,官僚制が整えられた。またバンダルはヒスパニアにいた頃アリウス派に改宗し,以後しばしばカトリック教徒を弾圧した。ゲリメル王のときビザンチン帝国のユスチニアヌス1世と対立,534年ビザンチンの将軍ベリサリウスによって滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「バンダル族」の解説

バンダル‐ぞく【バンダル族】

〘名〙 ゲルマン族の一派。一世紀にはオーデル川上流域にいたが、五世紀初めガリア、スペインに移住、西ゴート族の侵入で北アフリカに移り、バンダル王国を建てた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android