コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクダンウリ(爆弾瓜) バクダンウリ Cyclanthera explodens Naud.

1件 の用語解説(バクダンウリ(爆弾瓜)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バクダンウリ【バクダンウリ(爆弾瓜) Cyclanthera explodens Naud.】

熱帯アメリカ原産,ウリ科のつる性一年草。茎はつる性で3mあまり伸び,毛がなく,巻きひげで他物にからみつく。葉は互生し,三角状卵形で長さ6~9cm,ときにわずかに浅裂して基部は多少凹入し,長い葉柄があってわずかに毛が生えている。雌雄同株で,雄花は円錐花序を作り,雌花は1個が単生する。果実は肉質で円く,しばしば湾曲し,長さ2.5cmくらい,表面に硬いとげがある。果実は熟すと種子を遠くに飛ばす。学名のエキスプローデンスは,勢いよく飛ばすという意味である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バクダンウリ(爆弾瓜)の関連キーワードアゲラタムパキラアメリカ防風隼人瓜丸葉朝顔ダツラツルレイシハヤトウリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone