コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスチーユ城塞 バスチーユジョウサイ

デジタル大辞泉の解説

バスチーユ‐じょうさい〔‐ジヤウサイ〕【バスチーユ城塞】

Fort de la Bastille》フランス南東部、ローヌ‐アルプ地方、イゼール県の都市グルノーブルにある、16世紀に建造された城塞。イゼール川右岸の小高い丘の上に位置し、アルプス山脈と市街を望む展望地として人気がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

バスチーユじょうさい【バスチーユ城塞】

フランス南東部のローヌアルプ地方の都市グルノーブル(Grenoble)、イゼール川右岸の小高い丘の上にある、16世紀に建造された城塞。周囲を大きな岩山で囲まれ、岩山をくりぬいてつくられている。グルノーブル市街のサンタンドレ教会近くのロープウェイ乗り場から、イゼール川をまたぐロープウェイで約5分で到着する。アルプス山脈とグルノーブル市街を望む展望地として人気がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

バスチーユ城塞の関連キーワードバスティーユ城塞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android