コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バタカ・アソシエーション Bataka Association

世界大百科事典 第2版の解説

バタカ・アソシエーション【Bataka Association】

1918年ころ東アフリカのブガンダ王国(現ウガンダ共和国の中心部を占める)で起こった伝統主義的な土地回復運動の組織。1900年のイギリスとブガンダ王国との協定によって,ブガンダ全土の約半分にあたる人口希薄な地域はクラウン・ランドとしてイギリス保護領政府の管轄下に置かれ,他の人口稠密地域には西欧的な概念による土地私有制が導入されることになった。この際,伝統的に血縁関係に基づいて土地を保有していた氏族長(バタカ)の権利は無視され,任命による首長に有利な土地分配がなされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バタカ・アソシエーションの関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール