バダーリ文化(読み)バダーリぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

バダーリぶんか【バダーリ文化】

前5千年紀後半に成立した,現在までに判明している上エジプト最古の先王朝時代の文化で,金石併用期に属する。バダーリal‐Badāri,デイル・ターサ,ムスタジッダ,ハンマミーヤ等,中部エジプトのナイル川東岸地域に集中して遺跡の分布を見るが,その範囲は上流のナカダからヒエラコンポリス付近にまで及んでいる。エンマ小麦,六条大麦,亜麻を栽培し,羊,ヤギ,牛等を飼育していた。土器は薄手で,焼成は良好であり,櫛目磨研土器とブラック・トップ赤色磨研土器とに代表される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバダーリ文化の言及

【エジプト】より

…シナイ半島産のクジャク石や紅海産の貝など,既に交易も始まっていることが知られる。
[先王朝時代]
 原始農耕文化はエジプト独自の文化の始まりであり,上エジプトではターサ文化に続いてバダーリ文化アムラ(ナカダ第1)文化ゲルゼ(ナカダ第2)文化と継起し王朝時代へ移行する。しかし下エジプトのメリムデ文化に続くオマリ文化,マアディ文化の内容は,ナイル水位の上昇によるデルタ内部の考古学的調査の困難さのためほとんど不明である。…

※「バダーリ文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android