バナー(英語表記)Bunner, Henry Cuyler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バナー」の解説

バナー
Bunner, Henry Cuyler

[生]1855.8.3. ニューヨーク,オズウィーゴ
[]1896.5.11. ニュージャージー,ナットリー
アメリカの作家,詩人ジャーナリスト。『アーケイディアン』誌の編集者を経て,1877年,22歳の若さで『パック』誌の副主筆,次いで主筆となり,この風刺雑誌の発展に尽力した。ニューヨークを舞台にしたモーパッサン流の短編を多く書いた。主著『ろうそくの消えないうちに読む物語』 Short Sixes: Stories to be Read While the Candle Burns (1890) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「バナー」の解説

バナー

垂れ幕の意味で、インターネットでは、Webページに表示されるWebサイト広告やリンクの画像を指す。ハイパーリンク用のバナーには、200×40ピクセルや80×31ピクセルの大きさの画像を用いるのが一般的。広告用のバナーには、468×60ピクセルや234×60ピクセルの画像が使われる。広告用のバナーを自分のWebページに掲載することで報酬を得られ、表示回数やクリック回数によって報酬が発生するものや、商品の売り上げに応じて成果報酬が得られるものがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本「バナー」の解説

バナー

英語で、垂れ幕や横断幕という意味で、ウェブページ上に表示される帯状の広告のことです。目を引く画像になっており、クリックすると、その商品を買ったり、詳しい説明を見たりできるページが表示されます。
⇨ホームページ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉「バナー」の解説

バナー(banner)

《旗、のぼりの意》インターネットのウェブページに貼られている細長い帯状の見出し画像。広告などに利用する。→バナー広告

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android