コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バユス Baius(Bajus), Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バユス
Baius(Bajus), Michael

[生]1513. メリン
[没]1589.9.16. ルーバン
フランドルの神学者。本名 Michel de Bay。ルーバン大学卒業。 1552年母校の神学教授。スコラ的方法を捨て,アウグスチヌスの新解釈に基づく恩恵義認の新教説を説き,67,79年教皇に非難された。 75年母校総長。その思想はバユス主義として残り,ヤンセニウスに大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バユスの関連キーワードアウグスチヌスバイウス

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android