コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤンセニウス Jansenius, Cornelius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤンセニウス
Jansenius, Cornelius

[生]1585.11.3. レールダン
[没]1638.5.6. イープル
ジャンセニズムの源となったカトリック神学者,司教。オランダ名 Cornelius Otto Jansen。 1602年当時イエズス会とバイウスの率いるアウグスチヌス派との対立の渦中にあったルーバン大学に入学。 04年パリに出てデュベルジエ・ド・オーランヌと親交を結び,11年からバイヨンヌで,ともに古代教父を研究した。 17年ルーバンに戻ってからアウグスチヌス派にくみして恩恵論争に加わった。 28年頃から,のちに論争の発火点となる大著『アウグスチヌス』 Augustinus (1640) に着手。 30年ルーバン大学聖書学教授。 36年イープル司教。ほかにフランスの政策を批判した『フランスの軍神』 Mars gallicus (35) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤンセニウスの関連キーワードインノケンチウス10世アレクサンデル7世ウルバヌス8世パスカルケネルバユス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android