コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ10世 レオじっせいLeo X

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ10世
レオじっせい
Leo X

[生]1475.12.11. フィレンツェ
[没]1521.12.1. ローマ
フィレンツェ出身の第217代教皇(在位 1513~21)。本名 Giovanni de' Medici。ロレンツォ・デ・メディチの二男。8歳で剃髪,1489年に枢機卿(→カーディナル)となり,ピサで神学と教会法を学ぶ。1494年メディチ家がフィレンツェを追放されるとドイツ,オランダ,フランスを旅し,1500年ローマに帰還。1513年にユリウス2世の後継として教皇に選出された。同 1513年,ミラノなどをねらい進軍してきたフランスに対しスペインと組みこれを破ったが,1515年に再び侵攻されて敗れ,パルマなどを割譲。1516年第5回ラテラノ公会議ブールジュの国事詔書を破棄しボローニャの政教協定を締結した。1519年カルル5世が新たな神聖ローマ皇帝となると,これと結んで失地回復のためフランスに戦争を仕掛けた。1520年には人文学者ヨハネス・ロイヒリンを断罪。対トルコ十字軍の計画,サン・ピエトロ大聖堂の再建,戦争遂行などで莫大な乱費をし,財源確保のため聖職の増設と売却,贖宥状(→免罪符)の販売を進めた。それが直接のきっかけとなり,1517年マルチン・ルターから九十五ヵ条の提題を突きつけられたが,ルター説を排斥し 1521年にルターを破門。教皇権の確立に尽力し,文学や芸術の保護政策を強力に推し進めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

レオ10世

生年月日:1475年12月11日
教皇(在位1513〜21)
1521年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

レオ10世の関連キーワードロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチレオナルド・ダ・ビンチ(年譜)ビクトリア・アルバート美術館ジュリアーノ・デ・メディチキリスト者の自由についてレオナルド・ダ・ビンチパストル・エテルヌスグイッチャルディーニグィッチャルディーニクレメンス[7世]プロテスタント教会レオ・アフリカヌスメディチ家礼拝堂九十五か条の論題キリスト者の自由ミケランジェロラテラン公会議レオ(10世)パウルス4世アレアンドロ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android