レオ10世(読み)レオじっせい(英語表記)Leo X

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ10世
レオじっせい
Leo X

[生]1475.12.11. フィレンツェ
[没]1521.12.1. ローマ
フィレンツェ出身の第217代教皇(在位 1513~21)。本名 Giovanni de' Medici。ロレンツォ・デ・メディチの二男。8歳で剃髪,1489年に枢機卿(→カーディナル)となり,ピサで神学と教会法を学ぶ。1494年メディチ家がフィレンツェを追放されるとドイツ,オランダ,フランスを旅し,1500年ローマに帰還。1513年にユリウス2世の後継として教皇に選出された。同 1513年,ミラノなどをねらい進軍してきたフランスに対しスペインと組みこれを破ったが,1515年に再び侵攻されて敗れ,パルマなどを割譲。1516年第5回ラテラノ公会議ブールジュの国事詔書を破棄しボローニャの政教協定を締結した。1519年カルル5世が新たな神聖ローマ皇帝となると,これと結んで失地回復のためフランスに戦争を仕掛けた。1520年には人文学者ヨハネス・ロイヒリンを断罪。対トルコ十字軍の計画,サン・ピエトロ大聖堂の再建,戦争遂行などで莫大な乱費をし,財源確保のため聖職の増設と売却,贖宥状(→免罪符)の販売を進めた。それが直接のきっかけとなり,1517年マルチン・ルターから九十五ヵ条の提題を突きつけられたが,ルター説を排斥し 1521年にルターを破門。教皇権の確立に尽力し,文学や芸術の保護政策を強力に推し進めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

レオ10世

生年月日:1475年12月11日
教皇(在位1513〜21)
1521年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android