コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルタザール Balthasar, Hans Urs von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルタザール
Balthasar, Hans Urs von

[生]1905.8.12. ルツェルン
[没]1988.6.26. バーゼル
スイスのカトリック神学者,哲学者。リヨン大学に学び,イエズス会に属した (1929~48) 。 1940年来バーゼルに在住,そこで K.バルトを知り,その影響下に自由な立場からキリスト教神学の著作を発表した。主著『ドイツ精神の啓示』 Apokalypse der deutschen Seele (37~39) ,『神の栄光-神学的美学』 Herrlichkeit-Eine theologische Aesthetik (61~65) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バルタザールの関連キーワードブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルストブレッソン(Robert Bresson)フランス(Anatole France)ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場バレエ・コミック・ド・ラ・レーヌバルタザールの風変わりな毎日アレキサンドリア・カルテットバルタザールのとっぴな生活ヴュルツブルクのレジデンツアンヌ ウィアゼムスキーアンヌ ヴィアゼムスキーアレクサンドリア四重奏メーアスブルク城新城ロベール ブレッソンビュルツブルク司教館ポッペルスドルフ城J. メンツェルエベレスト 3Dバロック美術バルザック

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルタザールの関連情報