コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルツェルン Luzern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルツェルン
Luzern

スイス中部,ルツェルン州州都フィーアワルトシュテッテ湖 (通称ルツェルン湖) 北西端,ロイス川の流出点にあり,国内で最も美しい観光都市の一つ。8世紀に創設されたベネディクト会修道院と近くの漁村を中核に集落を形成。 1230年頃からはサンゴッタルド峠を越える街道が開かれたため,ドイツ-イタリアを結ぶ交易の一中心地として発展。ロイス川の両岸に発達した市街地は,7つの橋で結ばれ,特に右岸の旧市街には中世の建物が多く残存する。左岸には行政官庁や博物館,美術館などが集中。スイス傭兵慰霊のライオン記念碑,17世紀の旧市庁舎などが残る。機械,繊維,食品工業や金細工が行われる。工業大学や,宗教,音楽などの専門学校がある。住民はドイツ系で,大部分がカトリック。人口5万 9370 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルツェルン(Luzern)

スイス中部の観光・保養都市。フィーアワルトシュテッター湖北西岸のロイス川流出点にある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ルツェルン

スイス中央部,同名州の州都。フィーアワルトシュテッテ湖北西岸,ロイス川の流出口にある観光都市。機械,繊維,食品などの工業や金細工が行われる。14―16世紀の市壁,屋根つきの木橋(カペル橋),ゴシック様式の教会などがある。
→関連項目フィーアワルトシュテッテ[湖]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルツェルン【Luzern】

スイス連邦を構成するカントン(州),およびその州都名。スイス中央フィーアワルトシュテッテ湖Vierwaldstätter See北西岸,ロイスReuss川流出部に発達した都市で,人口5万9000(1996)。9世紀前半ムールバハ修道院の所領内市場として発展し,1180年ころ都市となった。当初は内陸スイスとの交易市場であったが,ザンクト・ゴットハルト峠越えの交通が発達すると急速に重要な都市となった。ムールバハ修道院の財政破綻により1291年ハプスブルク家に売却された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ルツェルン【Luzern】

スイス中央部、アルプス山脈の北麓、ルツェルン湖に臨む国際的な観光・保養都市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルツェルン
るつぇるん
Luzern

スイスのルツェルン州の州都で、中部スイスの中心都市。人口5万7374(2001)。フィアワルトシュテッター湖の西端、ロイス川の流出点にあり、アルプス連峰を展望できる観光・保養都市。8世紀のベネディクト派の僧院が町の起源で、13世紀にサン・ゴタルド峠を通ってイタリアとライン川流域を結ぶ通商路が開かれて発展が始まった。ロイス川に架かる屋根付き木造のカペル橋(1300ころ建造)はヨーロッパ最古の現存木橋として知られ、右岸の旧市街には市庁舎、教会など16~17世紀建造の建物が多く残る。町の急速な発展はゴタルド街道開通の1830年以降と、ゴタルド鉄道開通の1882年以降にみられる。ホテルの数は60を超え、ベッド数は5600を数える。市の就業人口の7割はサービス業という観光の町で、湖尻(こじり)北岸には遊歩公園があり、周りのリギ山やピラトゥス山などには登山鉄道が通じ、眺望を楽しむことができる。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルツェルンの関連キーワードカルチャー#amp;コングレスセンタールツェルン・フェスティバル イースター音楽祭ルツェルン・フェスティバル ピアノ音楽祭フランク・ペーター ツィマーマンフィーアワルトシュテッテ[湖]リーリャ ジルベルシュタインルードルフ バウムガルトナールツェルン音楽祭弦楽合奏団ルツェルン・フェスティバルクリスティアン アルミンクパウル バドゥラ・スコダルツェルン祝祭弦楽合奏団ミヒャエル ヘフリガールツェルン祝祭管弦楽団アドリアン アルディブルーノ ライヒリンルツェルン交響楽団エディト マティスジョナサン ノットバドゥーラ=スコダ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルツェルンの関連情報